ふるふる豆乳スムージーの成分「サイリウムハスク」って何?

<イントロ>

ふるふる豆乳スムージーには「サイリウムハスク」という成分が含まれています。

美容や健康に興味のある方々の中には、もう耳にしたことのある方もいるかもしれませんが、近年話題になっている成分です。その効果はインド伝承医学、近代医学でも認められているほど。

しかしながら、一般的にはまだまだ知られていないところも多い成分です。

今回はそんなサイリウムハスクの効果についてまとめてみました。

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

<サイリウムハスクとは>

サイリウムハスクとは、オオバコ科の植物の種から得られる天然の食物繊維サイリウムのこと。サイリウムから摂れる食物繊維が、サイリウムの種子の外皮(ハスク)に存在するため、サイリウムハスクとも呼ばれているのです。インドでは「イサゴール」とも呼ばれ、一般家庭でも広く使われているんだとか。

サイリウムハスクは不溶性・水溶性の二種類の食物繊維をバランスよく含んでします。2種類の食物繊維を同時に摂取できるという特徴は、とても便利でありがたいポイント。便秘に大きな効果を発揮してくれるのです。

また、水を吸うとその食物繊維が30~40倍にも膨らみます。膨らんだ食物繊維が満腹感を感じさせてくれるので、ダイエットのため食事制限をしたいという方のサポートにも有効。

サイリウムハスクは、その食物繊維の豊富さとお腹の中で膨らむ性質から、大きな健康効果が期待されているのです。

参照

上質サプリのセレクトショップ リラクゼンセレクト

 

【サイリウムハスクの効果1<便秘の解消>】

便秘に悩む人にとって、「食物繊維」は日々欠かさず摂取したいもの。便秘の解消には食物繊維が効果的、というのはよく知られていることですよね。しかし食物繊維には2種類あり、それらをバランスよく摂取しなくては、十分な効果をえられないということはご存知でしょうか。

2種類というのは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のこと。

不溶性食物繊維には、水を吸うと膨らみ腸の蠕動運動を助けるという働きがあります。水に溶けずに便のかさ増しをしてくれるという働きも。

水溶性食物繊維には、水に溶けて便に水分を含ませたり、便を柔らかくするという働きがあります。また善玉腸内細菌の養分となり、腸内細菌のバランスを整える仕事もしてくれます。

この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取することが、便秘解消につながるカギ。つまりどちらか一方だけ摂っているだけでは、あまり便秘解消の効果は期待できないのです。そこでサイリウムハスクのような、二種類の食物繊維をバランスよく合わせ持っているものがとっても便利。、効率的に便秘解消へと導いてくれるのです。

美しいボディや美肌を保ちたいと願う人たちにとって大敵ともいえる便秘。甘く見て慢性化させてしまったり、誤った食事療法で体調を悪化させたりしないよう、きちんと対処したいものです。二種類の食物繊維をバランスよく、しかもたっぷりと大量に含んでいるサイリウムハスクは、美しく健康でいようとする人の味方ですね。

参照

便秘を食べ物や生活習慣から改善!医師が教える4つの便秘解消法

 

5182名の医師が参画するヘルスケア情報サイト 便秘の原因(1)食物繊維不足

 

<サイリウムハスクの効果2 ダイエット・血糖値コントロール効果>

血糖値が急激に上昇すると、脂肪をため込みやすくしてしまう、というのはご存知でしょうか。逆に、糖の吸収が穏やかになると、脂肪も溜まりにくくなるものです。

サイリウムハスクに含まれる食物繊維には、糖質の吸収を緩やかにするような効果もあります。このためサイリウムハスクを摂取すると脂肪が体にたまりにくくなりますし、血糖値の急上昇を抑える働きも期待できます。血糖値が食後急上昇してしまうのは体にとってて大きな負担ともなりますから、これは肥満や糖尿病といった生活習慣病を気にしている人にとってとてもありがたいことです。

また、お腹の中で30~40倍に膨らむ性質により、他のものをたくさん食べなくても満腹感が得られるというのもうれしいポイント。暴飲暴食を防ぎ、食べる量をきちんとコントロールする手助けをしてくれます。

サイリウムハスクが、ダイエットしたいという方や糖尿病や血糖値を気にする方にも注目してほしい、と言われている所以はこういったところにもあるのです。

参照

医師が参画するヘルスケア情報サイト体脂肪を燃焼させる方法

 

<サイリウムハスクの効果3 コレステロールを下げる>

サイリウムハスクには、コレステロールを下げるという働きもあります。

コレステロールはそれ自体が体にとって悪いものというわけではありませんが、必要以上に摂取してしまうと体にとってよくありません。1日に必要なコレステロールの量はおよそ1~2g。そのうち約7割が肝臓など体内で合成され、残り3割が食事から摂り入れられているうとされています。その食事から摂取する分が、過剰になってしまうと、体に備わっている調整機能が働かなくなり、血中コレステロールが増加してしまうのです。

血液中のコレステロールが大量に増えると、使われなかった分は血液中に残ってしまいます。それが血管にしみこみ酸化すると動脈硬化の引き金になることも。

そんなコレステロールを排出するのに一役買ってくれるのが、食物繊維です。

コレステロールはそもそも脂肪(中性脂肪)が分解されてできるもの。小腸から吸収されにくいものとされているのですが、それを包み込んで吸収しやすい形に変化させてくれるのが、胆汁酸です。コレステロールを包み込んだ胆汁酸は水溶性なので、腸壁から吸収され肝臓に戻っていきます。

しかしここで食物繊維豊富なサイリウムハスクを一緒に摂っているとどうなるかというと、コレステロールを包み込んだ胆汁酸を吸着して、そのまま便として排出してくれるのです。

食物繊維は保水性が高いので十二指腸内の水分を摂り込んで膨らみ、そこにコレステロールを包み込んだ胆汁酸を吸着して、便として排泄してしまうという仕組み。これによってまずは肝臓内のコレステロールが減少するのですが、胆汁酸は減少したままになってしまうと困るので、補う必要があります。この時、原料となるのが血液中のコレステロール!つまり、血中のコレステロールが胆汁酸の合成に利用されることによって、血液中のコレステロールも減るというわけです。

食物繊維豊富なサイリウムハスクは、日頃コレステロールの摂りすぎを気にしている人たちにも、今後注目を浴びてい行く食材です。

参照

地域医療に貢献する

 

<サイリウムハスクの副作用>

このように、ダイエットや健康に役立つサイリウムハスクではありますが、やみくもに摂取すればよいというわけではありません。摂りすぎると下痢を引き起こし、必要なミネラル分まで排出してしまう危険性があります。またお腹がハリやすくなるので妊婦や高齢者は特に注意。素晴らしく機能的なサイリウムハスクですが、適量を考えて摂取しましょう。

参照

食と健康の総合サイト

 

<まとめ>

サイリウムハスクで注目すべきはその食物繊維の含有量と、2種類の食物繊維がバランスよく入っていること。食物繊維には腸を整え、余分な糖や油の吸収を抑えてくれるためダイエットや生活習慣予防にも欠かせない栄養素です。

しかし摂りすぎては逆に他の栄養素の吸収を阻害してしまうので要注意。一日の摂取基準量を確認し上手に活用する事が大切です。

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

ふるふる豆乳スムージーの主原料「豆乳」は健康&ダイエットに最適な食品!

「豆乳は体に良いもの」ということは、近年広く認識されてきています。コーヒーショップでカフェラテのミルクを豆乳に変えたり、シチューやスープを作るのに豆乳を使うなど、意識的に摂取している方も多いのではないでしょうか。豆乳の成分と健康効果についてまとめてみました。