女性の美容と健康に。ふるふる豆乳スムージーでザクロを手軽にとりいれよう!

秋になると真っ赤に大きく膨らみ食べごろを迎えるザクロ。幼いころ、ザクロの実が道端に落ちているのを見つけて、つぶつぶの種を食べてみた思い出があったりしませんか?

そんなザクロですが、実は私たちの身体を老化やストレスから守ってくれる栄養素がたっぷりの果物だということはご存知でしたか?ふるふる豆乳スムージーにも含まれている、ザクロの栄養効果についてまとめました。

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

<ザクロは真っ赤な健康食>

ザクロはザクロ科ザクロ属の植物。ルビーのような真っ赤で美しい果実が特徴的です。原産地はイランやトルコといった中近東であると言われていますが、現在日本に入ってきているザクロの大半はアメリカ産。夏の終わりから秋にかけて買うことができます。

近年では日本でもザクロの美容・健康効果が広く知られるようになってきましたが、海外では5千年以上も昔から美容・健康への効果が謳われ、広く食べられてきました。

種子が数多く含まれていることから「女性の果実」として好まれてきた歴史もあります。ポロポロと果実を取り出してそのまま食べてみると甘酸っぱくて美味しく、ヨーグルトなどにもよく合います。

また、旬の時期でなくとも最近はジュースやシロップとして1年中いつでも入手可能。ザクロシロップとソーダで作る、お手製ドリンクはさっぱり爽やかで夏の暑い日にとても美味しくいただけます。そんなザクロは、ふるふる豆乳スムージーにもたっぷり使われています。なぜザクロがはいっているのか探ってみましょう。

参照

抗酸化成分・食品(7)ザクロエキスの効果と効率的な摂取法

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

<美肌にザクロのビタミンCが効く!>

ザクロにはビタミンCやポフェノールが大変豊富に含まれています。この2つの栄養素は美肌効果の高いものとして有名ですが具体的にどんな効果があるのでしょうか。ビタミンCから詳しく説明していきましょう。

ビタミンCは肌のメラニン色素の生成を抑え、日焼け後の炎症やシミの生成を防ぐ効果が高いと言われています。

また、肌のハリと弾力を維持するコラーゲンと合成してシワを改善させる効果や、肌の代謝を促進し、毛穴を引き締めてターンオーバーを整えてくれる作用もあります。

ビタミンCは女性のお肌にとって必要不可欠な栄養素と言っても過言ではないですね。海外ドラマなどを見ると、プールサイドでサングラスをかけた美しい水着姿の女性がレモネードを飲むシーンがあったりしますが、これがビタミン補給をしているという意味で理にかなっているものなのですね!

そんなビタミンCは、食事や飲み物だけでなく化粧品やサプリメントで気軽に摂取することができますが、少し注意が必要です。ビタミンCはとても繊細で、熱に弱かったり、空気に触れると壊れてしまったり、水に溶けてしまったり、という特質をもっています。

たとえば化粧品でビタミンCをとりたい時は、「ビタミンC」という表示だけでなく、「ビタミンC誘導体」が配合されていることを確認しましょう。ビタミンC単体では、そのデリケートな性質から肌に浸透することがないまま壊れてしまうからです。ビタミンCを肌の奥まで届かせてくれる「ビタミンC誘導体」がなくてはなりません。

また、食事でビタミンC補給したい時も、できるだけ生のまま食べられるフルーツやサラダがオススメです。ビタミンCの豊富な野菜であっても、茹でたり熱したりすると、繊細なビタミンCは壊れたり水に流れ出てしまったりするからです。

ザクロの入ったふるふる豆乳スムージーなら、ビタミンCの成分をそのまま肌の内側からビタミンCの効果をえることができるのです。

参照

抗酸化成分・食品(7)ザクロエキスの効果と効率的な摂取法

正しく知るべき!ビタミンCの美肌効果と正しい摂取方法

<更年期のホルモンバランスを整えるためにザクロが活躍>

ザクロにはエストロンという栄養素が含まれています。エストロンは、女性ホルモンの代表であるエストロゲンの一種。エストロゲンは子宮などに作用して女性らしい身体を作る働き、基礎体温を下げる働き、自律神経を整える働き、骨を丈夫にする働きがなどあります。女性は、妊娠するとエストロゲンが多く分泌し、安全な出産に向けて身体の質を変化させようとします。やがて出産を終えると、それまで大量に作られていたエストロゲンは役目を終え、妊娠前までの正常なホルモンバランスに戻そうと分泌量を減らします。

産後の女性の大量の抜け毛や肌荒れ、体調不良などはこのエストロゲンの増減が影響しているのです。

また、女性は年齢と共に卵巣の機能が低下していきますが、同時にエストロゲンの分泌も減少します。そのため、若いころに比べてホルモンバランスが変化し、これにより引き起こされる代表的な疾患が更年期障害なのです。

イライラしたり、身体がほてったり、重だるく感じたり――女性は40歳を過ぎたあたりから更年期に入ると言われていますが、その時期こそ、ザクロのエストロンを積極的にとりいれて更年期障害の症状を少しでも軽くしたいものですね。

参照

エストロゲンとプロゲステロンの働きは?更年期障害との関連も

<身体をサビから守るザクロのポリフェノール>

ザクロにはポリフェノールが豊富に含まれています。「ポリフェノールには強い抗酸化作用がある」とは広く知られていることですが、「抗酸化作用」とは活性酸素の増加を防ぐことです。では、活性酸素とはそもそも何なのか、実はご存知ない方も少なくないはず――

活性酸素とは、文字から想像できる通り、「活発な酸素」の意味です。本来、活性酸素は、人の体内に入り込んだ細菌類を「酸化」することで悪いものを駆除する働きをします。この活性酸素は、適量であれば細胞を保護する身体の味方なのですが、量が増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えてしまいます。細胞は、酸化すると老化が早まり体内のあらゆる組織が衰えていきます。つまりこれが「身体がサビていく」という現象なのです。

そこで、ザクロに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が活躍。活性酸素を軽減し、身体をサビから守ってくれるのです。抗酸化作用を具体的に挙げると、視覚機能を改善させる効果、肌を引き締め若々しく保つ効果、血流を改善する効果、血中コレステロールの増加を抑える効果などがあります。美容と健康、アンチエイジングにとても大切なものといえますね。ふるふる豆乳スムージーに使われているのも納得できます。

参照

活性酸素とは

<ストレスに負けないために取り入れたいビタミンC>

美肌効果でも触れましたが、ザクロにはビタミンCが豊富に含まれています。そのビタミンCには、お肌のためだけではなく、私たちをとりまくストレスにも効果的なのをご存知でしたか?

人間には副腎(ふくじん)という、ストレスと戦う臓器があります。動物実験で、モルモットにストレスを加えると副腎は肥大し、ビタミンCを投与すると縮小したと言われています。副腎が元気に働くためにはビタミンCが欠かせません。ビタミンCは、体内で作られるものではないので、外部から積極的に取り入れる必要があります。

また、ビタミンCは水溶性で、すぐに体外に排出されてしまいます。一日に数時間ごと、何度でも摂取するように心がけるとよいでしょう。今日から「イライラにはカルシウム」に加え、「ストレスにはビタミンC」と覚えて、ストレスに負けない体づくりを目指したいですね。ザクロの入ったふるふる豆乳スムージーなら、手軽にビタミンCをとることが可能です。

参照

ビタミンCはストレスケアにも欠かせないビタミン!

<まとめ>

ザクロに含まれるビタミンCやポリフェノールについて説明してきました。ビタミンCの美肌効果とストレスに対抗する効能、ポリフェノールの抗酸化作用の理解が少し深まったでしょうか?

ザクロのたっぷり入った「ふるふる豆乳スムージー」を積極的に飲んで、若々しい身体をキープしましょう。

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする