スーパーフルーツ「ゴジベリー」が摂れる、ふるふる豆乳スムージーは目にも優しい健康ドリンク♪

スーパーフードと呼ばれるフルーツの中でも特に注目されている「ゴジベリー」をご存知でしょうか?

別名「クコの実」と呼ばれており、「中華料理の杏仁豆腐の上に乗っているアレ」というとわかりやすいのではないでしょうか?

ゴジベリーは栄養素の高さはもちろんのこと、目の疲れが回復するという効能があり、中国では漢方薬として古くから使われています。

カレーと杏仁豆腐にしか入れたことが無い人も多いかと思いますが目の疲労に効くと聞くと少し興味が出てくるのでは?

では、さっそく詳しく見てみましょう。

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

ゴジベリーとは

ゴジベリー(クコの実)は、中国では漢方薬として古くから使われており、世界三大美女の1人、楊貴妃も美容のため毎日食べていたと言われるほど高い栄養が含まれています。

日本では平安時代からの歴史がある食べ物で、長寿の薬と考えられていました。クコ酒やクコ茶などの形で人々に親しまれてきたそうです。

ゴジベリーは目の疲れを癒してくれる

ゴジベリーの1番の効果は、目の疲れを癒やしてくれることです。

ゴジベリーには目の網膜の中心に存在するゼアキサンチンが豊富に含まれています。このゼアキサンチンは、目の酸化を防ぐ効果が期待できるのです。

ゼアキサンチンを摂取することで、視力低下や白内障、緑内障などの予防に効果があると言われています。

また、目に網膜を保護する働きもあり、加齢による目の病気を防ぐ効果も期待されていて、「食べる目薬」とも言われています。

ゴジベリーで美肌効果も期待できる

また、ゴジベリーにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCはビタミンの中でも代表的な栄養素なので、みなさん耳にする機会は多いと思います。

ビタミンCは、シミを改善したり、肌を紫外線から守ったりと、さまざまな美容効果を期待できる栄養素です。

また、コラーゲンはビタミンCが無いと生成できません。ビタミンCを摂ることでコラーゲンの生成を助けてくれるので、シワ予防などの嬉しい効果もありますよ。

ゴジベリーでダイエットも叶う

ゴジベリーに含まれるベタインは、肝臓への脂肪の蓄積を防いでくれる効果があります。さらに、ゴジベリーはビタミンB2 が豊富です。

ビタミンB2は、脂肪の燃焼をサポートしたり、糖質やタンパク質の代謝を促進したり、タンパク質の合成などの働きをします。

さらに、ガンや動脈硬化を引き起こす過酸化糖質の分解にも一役買っています。なので、ダイエットや生活習慣病の予防にも効果的なんです。

ゴジベリーの薬膳効果

ゴジベリーはさまざまな摂取方法があります。

まずは中医学(※1)でも注目されている薬膳料理です。乾燥させたものを水で戻して使うと甘みを楽しめます。肝臓や腎臓の働きを補い、働きを良くしてくれ、滋養強壮効果があります。

手軽に楽しむなら、おかゆや杏仁豆腐に入れるとアクセントになります。

また、スムージーに加えたり(入っています)ヨーグルトに入れても美味しく摂れますよ。「ふるふる豆乳スムージ」ーにも含まれているので、毎日取るには最適です!

※1 中医学とは、数千年という長い歴史に裏付けられた、中医薬学の理論と臨床経験に基づく中国の伝統医学

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

まとめ

ゴジベリーはクコの実のことで、中国では大注目の薬膳食材です。目の疲労を取り除き、視力の回復に役立ちます。

また、美容にも身体の滋養強壮にも効果的です。

たまに杏仁豆腐についてくる、あの赤い実「ゴジベリー」。

「ふるふる豆乳スムージー」で気軽に摂れるので、気になる方は健康促進のために積極的に摂ってみてはいかがでしょうか?

ふるふる豆乳スムージーが気になる方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする